■ 椿三十郎 ■

平成17年02月17日(木) 11:59pm (NZ time)

おばんです、みなさん。
今日のオークランドは、良き日でした。
結構涼しかったです。
最近秋の気配が色濃く、日没時間も段々と早くなってきました。
最近は、8時半になるともう日の残りはわずかです。
3月20日(3月の第3日曜日)から冬時間(標準時間)に戻ります。

又、円安 = ニュージーランドドル高になってきています。
今日の現金買いレートですと、NZ$1は、¥79を超えています。
米ドルも値下がりしていますが、日本円もかなり安い。
ニュージーランドドルは、高い。
留学生や旅行者にとって、今のニュージーランドは、厳しい時期です。
この辛い時期を乗り越えましょう!

最近、私は、数十年ぶりにPCで椿三十郎を見ました。
1962年製作の東宝映画です。
本当に何度見ても惚れ惚れとする良い映画です。
黒沢明の最高傑作は、紛れも無く椿三十郎だと思います。
羅生門ではなく、七人の侍ではなく、椿三十郎こそが黒沢明の最高傑作だと思います。
その筋書き(ハイカラな言葉で言うとストーリー)には、不自然な部分がありません。
見ている者が納得する流れに沿っています。
見ている人間が苦しくなるような違和感のある不自然な偶然に頼って
筋書きを強引に組み立てていません。
見ている人があぁ~ そうなのかと一つずつうなずいてしまいます。

諧謔(カイギャク = ハイカラな言葉で言うとユーモア)も充分です。
それで居て、
時々出てくる斬り合いの場面(ハイカラな言葉で言うとシーン)などは、
生々しい残酷さがあります。
この映画のラストシーンは、余りにも激しく生々しいです。
息を呑みこんでしまいます。
それは、見ている者を圧倒する迫力です。
登場人物は、基本的に全員、善人です。
悪役にも潔さ(いさぎよさ)と善意がみなぎっています。
それ故に、観客は、見ていて安心します。

敢えて不自然な部分を探そうとするならば、
武士が現代人の話し方をしている場面が多いと言う事。
それともう一つは、仲代達也が三船敏郎を最初から信用してしまって、
策を話してしまっている事。
でもこれにしても、見ていてそれ程、違和感がありません。
ですから、減点部分は、殆ど無いと言うか、むしろ、
点を加算すべき圧倒的な素晴らしい場面の連続です。
私が見るたびに感心する場面は、
三船敏郎が縛られているその太い縄を仲代達也が脇刺しで切るところです。
太さにして、恐らく2~3cmくらいある太い縄を仲代達也は、脇刺しで切ります。
あっ それは、下手にしたら、
刀の先が身体に突き刺さると不安になりますが、
そこはそうならないようにきちんと配慮しています。
このように細かい部分にも神経が行き届いています。
将に日本映画の最高傑作のひとつだと思います。
今週のお薦めです。
ビデオショップでもあると思いますので、あなたもご覧になっては如何ですか?
[PR]
by kiwidream1997 | 2005-02-18 21:25 | 喜怒哀楽 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kiwidream.exblog.jp/tb/2056125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ◆Ahaha堂おばはん本舗◆ at 2005-03-12 20:03
タイトル : 「椿三十郎」
すでに何十万人も、いやもっと?見ているに違いないこの作品を、3月11日の夜に見ますた。Mは2度目、私は初めて。 見終えて、ヒトコト。 椿三十郎、くぁわっこいい〜っ! 惚れちゃいますた 凹みによく効く、元気のでる映画ですぅ。 私 ★★★★★(4と1/2) M ★★★★ (3と1/2) 【解説】(引用はココ) ある藩の御家騒動に巻き込まれた三十郎が、腹黒い家臣たちの不正を暴こうとする若侍たちを手助けして大活躍をする。最大の見所は一瞬の居合い抜きで勝負がつくラスト...... more
Commented by ハワイより at 2005-02-20 07:22 x
同感です。 私はハワイで生活していますが、日本人(前の世代!?)を他の国の人たちに理解させるのには、この映画を見てもらう事にしています。中でも、黒澤明の男性、女性に対する考え方が良く出ている映画でもあると思います。加山雄三のラストで正座をして、三十郎と別れるところがとても好きです。
Commented by kiwidream1997 at 2005-02-20 14:11
ハワイよりさん

ご意見ありがとうございます。
この映画を他国の人に見てもらうというのは、良い考えですね。
映画としての素晴らしさのみならず、日本人を理解するうえでも、
大変参考になると思います。

黒沢明の男女関係に関する個人的な考え方が出ていたかどうかは、
分からないと思います。
この映画の原作は、
http://www.geocities.jp/kiwidream1997hp/peacefuldays.html
私のHPでも紹介していますが、
山本周五郎の「日々平安」と言う小説です。
ただ、当時の日本人の一般的な男女関係は、かなり如実に表現されていたと思います。

しかし、私は、基本的に幕末の日本人も現代の日本人もその本質においては、殆ど変化は、無いと思っています。
というよりも、6~7世紀から現代まで日本人は、殆ど変化していないと思っています。
変わった部分も確かにありますが、それは、科学知識や民主主義というような思想が多少身に付いただけで、核の部分は、全く同じだと思います。
Commented by ahaha at 2005-03-12 20:02 x
はじめまして。
昨夜、「椿三十郎」を見て、はまりました。
私も「七人の侍」より、まして「生きる」より(--;好きです。
傾向が全く違う「羅生門」と「椿三十郎」のどちらを
マイベストにすべきか、というような。
TBさせてくださいませ。
Commented by kiwidream1997 at 2005-03-12 20:53
ahahaさん

椿三十郎を見てくれて嬉しいです。
あんなに素晴らしい日本映画を見ていない人がまだまだ沢山居ると思います。
是非、もっと多くの人に見て欲しいと思います。
TBは、なんら気兼ねなくバンバン、やってください。

私は、羅生門に関しては、ちょっと点数が厳しいです。
心理を描いた映画ですが、その怖さがそれ程画面から感じられなかったのと、やはり古い映画で音声が劣化していて聞き取りにくかったです。
羅生門の場合は、映像的な圧倒力に欠けると思います。
心理描写なので、映像面は、期待すべきではないかも知れませんが、
やはりもう一つ、スパイスが足りないような気がします。
きっと玄人好みの映画なんだと思いますが。