■ 誰の金だ・・・? ■

平成16年08月31日(火) 01:45pm (NZ time)

こんにちは、皆さん。
今日のオークランドは、とても良い天気です。
暖かいぽかぽか陽気です。
春の息吹が感じられます。
ここ1週間くらい、殆ど雨も降らずに、良い天気が続いています。
冬は、遠のき、その地位を春に譲り渡す腹づもりができつつあるようです。
何か、変な表現ですね。

室伏の輝かしい金メダルと共に、いつの間にか、アテネ五輪は、終わっていました。
過去最高の東京五輪と同じ金メダル16個を取り、日本は、桧舞台に躍り出ました。
私の祖母から聞いた話ですと、東京五輪の時、日本は、金メダル獲得数においてアメリカ、ソ連に続いて3位だったそうです。
毎回その順位は、似たように推移するのかと思ったら、違いました。
日本は、どんどん落ち込み、韓国にまで追い抜かれました。
東京五輪の頃は、中国はまだ、国家として世界的に認知されておらず、参加していなかったという事です(祖父談)。

今回、日本躍進の陰には、JOC(日本五輪委員会)が2001年に発表した、「ゴールドプラン」と言う計画があるそうです。
将来は、五輪で金獲得数を33前後を目指して、その為に計画を練り、政府にも資金面で協力を仰ぐそうです。
日本政府が五輪と言うスポーツに予算をつぎ込むと言うなら、誰も文句を言わないと思います。
国家財政は、火の車で、ODAで海外に資金援助している状態に対しては、不満を持つと思います。
自分の家が火の車なのに他所の家を助けると言うのは、一般庶民にとっては納得できないと思います。
しかし、五輪にいくばくかの予算を組みそれが、日本の躍進に繋がるなら、よしとする国民は、多いと思います。

日本国政府の国家財政は、大赤字なのに「国は、金がある」と言う言葉を耳にすることがあります。
我が耳を疑う言葉です。
国債と言う、証文で国民から借金しているのですから、金は、やり繰りしているようです。
まだ、日本政府は、つぶれないと国民は、思っているのでしょう。
私も日本政府は、南米のどこかの国のように、破産状態に陥って、身動き出来なくなるまでは、追い詰められないと思います。
日本の税収は、減っていますが、貿易収支は、毎年巨額の黒字を続けています。
貿易とサービスを合計した、国際収支も日本は、黒字だと思います。
サービスの収支と言うのは、貿易以外でのお金の動きです。
例えば、スイスの企業が日本に会社を設立して、10億円の資金を投入して運転を開始すると言うような場合です。
このような場合、スイスのお金が日本に入ってきます。
逆に日本の企業が海外に工場を設立するために資金を送金したら、日本から海外にお金が出て行きます。
このようなお金の出入りがサービスの収支です。
貿易とサービスの収支を合わせたものが国際収支です。

そうすると日本と言う国で考えた場合、黒字になっています。
しかし、政府は、借金漬け。
その黒字のお金は、誰のところにあるか・・・?
企業の銀行口座にあります。
それは、赤字で倒産寸前の企業の口座ではなく、貿易で黒字の企業の口座にあります。
しかし、そのお金は、日本にあるとは限りません。
そのお金は、アメリカに有ることが多いです。
それは、何故か・・・?
それは、米ドルで決算をしている場合、日本国内で米ドルを持っていても役に立ちませんので、アメリカに置いておきます。
日本円で決済している場合は、日本国内にお金が入ってきます。

若し、貿易の決済を米ドルでやっている会社の場合は、米ドルを日本円に換金して日本円で日本の銀行にそのお金を持つと思います。
しかし、貿易で得た実際の米ドルは、アメリカに留まっています。
そうすると、結局貿易で黒字になっても米ドルで決済しているならば、日本に現ナマは、入ってこない事が多くなります。
すると日本から商品は、出て行くだけで、実際の現ナマは、アメリカにあるので、日本は持ち出しになります。
日本人所有の米ドルは、沢山あってもそれは、手元には無い。 アメリカにある。
日本人のものだけど、アメリカ人が使っているような感じです。
つまり、日本人は、アメリカに貢いでいるのでは無いかと私は、思います。
米ドルは、貿易の専売特許では、ありません。
日本円の力が弱く、世界的に余り認められていなかった頃、米ドルで決済していました。
しかし、日本円は、今や世界の主軸通過の一つです。
これからは、米ドルで決済をする必要は、ありません。
しかし、ただ一人、米ドルに固執する人が居ます。
アメリカ人と言う人です。
あの人と貿易する場合は、どうしても米ドル建てになる。
やっぱ、日本に現ナマは、増えないか・・・?
[PR]
by kiwidream1997 | 2004-09-13 20:13 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiwidream.exblog.jp/tb/250463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。