■ イカ 烏賊 SquidとCuttlefish ■

おばんですみなさん。
今日は、雨も一休みでした。
日中少しだけパラパラと降りましたが、直ぐ止みました。
長野県と九州の雨の被害は凄いですね。
雨と日照不足で野菜も不作になる地方が出ています。
雨も全く降らないと困るし、降り過ぎても困る。
程ほど、中庸ですね、何でも。
過ぎたるは及ばざるが如し。

昨日伊勢海老とLobsterの話をしたので今日は調子に乗って、烏賊です。
私の大好きな話題です。
私は昔、英語で似た生物に付けられる違う単語に興味を持ち少しだけ調べた事があります。
例えば、FlogとToad、HorseとZebra、CrocodileとCaymanとAlligator、PigeonとDove、RabbitとHare、MouseとRatなどなどです。
昔私が調べたとき、上記は大体ですが直ぐ説明が付きました。
しかし、難関は烏賊でした。

私は北海道で生まれ育った影響も大きく、烏賊と言えば、するめ烏賊、やり烏賊、さき烏賊のような頭(実際は頭ではなく尻側)が三角の烏賊しか知りませんでした。
しかし、烏賊にはモンゴウ烏賊(「モンゴウ」ではないようです。正確な発音が未だに分かりません)と言う種類があります。
外人に聞いても良く分かる説明をしてくれないし、大体彼らもSquidとCuttlefishの違いを知っているのだろうかと言う疑問があったのでいつまでもその違いが分かりませんでした。
そして、思えば10数年前の出来事です(私が日本に居た頃です)。
或る休日私は意を決して図書館さ出向ました。
生物に関する色んな本を調べるうちに写真入りの詳しい本を見つけました。
そして、遂に謎が解ける瞬間が来ました。
Squidが頭が三角の烏賊で、Cuttlefishがモンゴウ烏賊だと解明しました。

そもそも私は、モンゴウ烏賊と言う存在を知らなかったのでイメージが付き難かったのです。
しかし、写真を見てモンゴウ烏賊の正体を知り唖然としました。
身体が草履のような形をしていました。
そして、草履の周りにはひらひらするひれのようなものが付いていてそれで泳ぐようでした。
また、その目は、眠たそうでした。

そして、今この記事を書くに当たり、私はまたまた大発見をしてしまいました。
SquidとCuttlefishの綴りを年の為に事前に調べました。
私は、今まで cAttlefish だと思っていました。
Cattleは牛の総称です(そう言えば、牛も沢山名称があるけど今はパス)。
どうして牛魚が烏賊になるのか今までずっと不思議でした。
そして今分かった事。
それは私の思い込みによる過ちでした。
cAttlefishではなくcUttlefishが正解でした。
今明かされる21世紀の謎とは将にこのことかも知れません。
凄く興味深いお話で楽しかったでしょ?
おやすみなさい。



ここ → 本日の気まぐれ をクリックすると中身がほぼ毎日(89%の確率で)更新されています。
一見すると更新されていないようですが実は、中身は更新されていますので、「本日の気まぐれ」と言う文字をクリックして中身をご覧下さい。

過去の記事は、こちらでご覧下さい → 「気まぐれ草紙古文書館」


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]
by kiwidream1997 | 2006-07-26 00:39 | 英語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiwidream.exblog.jp/tb/5345823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。