<   2004年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

平成16年10月31日(日) 10:59pm (NZ time)


ニュージーランドドリームおばんです、皆さん。
今日は、ハローウィーンだったんですね。
今海外のGoogleを見て初めて知りました。
その画像を保存しましたので若し、宜しかったら見てください。

Halloween

ニュージーランドドリームハローウィーンの由来を私は、知りません。
そもそもハローウィーンと言うのはアメリカの風習ではないかと思うのですが如何でしょうか?
若し、ご存知の方がいらしたら教えてください。
NZでも子供が色んな格好の衣装を着て歩いているのを見たことがありますが、あれはアメリカの物真似ではないかと思います。
そもそも白人のキーウィ(Kiwi = ニュージーランド人の事)は、一見したら白人のアメリカ人と殆ど同じですし、言葉も同じ。
一体どこが違うのだろうと思うのですが、全然違います。
国の成り立ちも習慣も国民性も違います。

ニュージーランドドリームどのように違うか具体的に記述しなさいと言われたら困るけど。
でも違う。
私は、キーウィに対して好印象を持っています。
そしてアメリカ人に対しては悪印象を持っています。
いつもキーウィは、どうだこうだと文句を垂れていても総合点で見たら、良しとしています。
私は、昔、仕事で何度もアメリカへ行きましたが、ノースウェスト航空のおばさんスチュワーデスは、わや態度悪い。
日本人を馬鹿にしてる。
皆さん、アメリカへは、極力行かない方が良いです。
しかし、若しどうしてもアメリカへ行かなければならないとしたら、ノースウェストだけはやめたほうが良い。
アメリカン航空がお薦めです。

ニュージーランドドリームと言ってもかなり昔の話ですから今は、どうなっているか分かりませんが。
その点、Air NZは、良いですよ。
乗員サービスもそれなりに良いです。
アメリカなどへ行く暇と時間が有ったらNZに変更すべきです。

ニュージーランドドリームまさか日本でハローウィーンの真似はしないでしょうね?
でも、日本人と言うのは、何故か知らないが何でもかんでもアメリカの真似をするから、ひょっとしたら有り得るか・・・?
う~ん そんなことは、あって欲しくないです。
若し、日本人の子供が日本で、かぼちゃをくりぬいて頭にかぶっていたら悲劇だ。
本日は、これにてごめん。
[PR]
平成16年10月30日(土) 06:02pm (NZ time)

おばんです、皆さん。
今日もオークランドは、冴えない天気です。
たまには晴れて欲しいです。

10数年前、フランシス・フクヤマと言う日系アメリカ人が「歴史の終わり」と言う本を出版しました。
その題名から多くの人に誤解されたようです。
誰もが誤解するであろう題名を付けたのは、どうも解せません。
作者の言う「歴史」とは、人間社会の発展形態の事です。
それは、人間の精神に内在する様々な要素が歴史を作り出してきたが、これからは、
その方向性も一つに集約されるだろうと言う内容です。
と言っても本を読んでいない人には、訳も分からないと思います。
それを簡単に説明します。

今まで人は、様々な闘争を繰り返してきた。
しかし、共産主義国家もほぼ終焉の時を向かえ、人間社会の形態は、自由主義的資本主義に落ち着く。
すると闘争と戦争も無くなり、人間は、無気力な生き物になるのではないかと言う事です。
彼は、プラトンが唱えた説、人間の精神は、3つの要素から構成されていると言う話を引き合いに出しています。
その3つとは、理性、感情、気概です。
生き物は自己保存本能に従い生きています。
しかし、人間は時にその本能に逆らう行動を取ると言うことです。
人は、時によっては、命を賭けると言う事です。
それは、どう言う事かと言うと、古代においての人間同士の戦いでは、命を賭けて死を恐れずに闘った方が勝ち、恐れた方が負けた。
そして、負けたものは、勝った者の奴隷となった。
勝った者は、貴族となった。
貴族は野蛮で闘争心に満ち満ちていて死をも恐れない。
そして、貴族は働かずに奴隷が働いた。

死を恐れずに闘う人間の精神は、自己保存本能に逆らう行動でその原動力は、気概。
これからの人間社会は、自由主義を土台にした資本主義に落ち着き、人は気概を失う。
戦争も起こらない。
そして、人間は、理性と感情だけの動物になるだろうと言う彼の予想です。
私は、ここまで書いてきて、10数年前に読んだ「歴史の終わり」と言う本を良く理解していないと思いました。
その上、記憶も曖昧で要点が分からなくなってきました。
書いている本人が分かっていない文章ほど読む人間を混乱させることはありません。

私がこの本を読んで非常に印象に残ったことは、ブラトンの言う、理性と感情と気概と言う人間の精神(魂)です。
歴史がどうたらこうたらは、どうでもええ。
自分にとってどのような関わりがあるか・・・?
ニュージーランドを目指す皆さんには、大いなる気概を持って望んで頂きたい。
失敗を恐れずに前に進むと言う意気込み。
失敗したらどうなるだろうか・・・?
と言う不安と心配に満ち満ちていたら本当に失敗し、どん底に落ちます。
蛮勇ではなく、用意周到に準備しそして且つ恐れずに進む気概です。
[PR]
平成16年10月29日(金) 06:57am (NZ time)

おはようございます、皆さん。
今朝オークランドは、結構明るくひょっとしたら今日は、晴れかも知れません。
たまには晴れて欲しいです。

バリバリバリューから2夜明けて、人のニュージーランド熱も大分鎮静化したようです。
現実の生活に引き戻されたのでしょうか?
トップページのカウンターの数値は、一昨日は2千を超えていましたが、昨日は1千台です。
私としては、一昨日、一昨昨日のペースでどんどん人が来て欲しい所ですがそうも行かないのは先刻承知の助でした。
私の立場としては、バリバリバリューがNZを天国の如く紹介したように、
NZの良い部分と成功した例だけを誇張してNZ熱を煽れば良いのですがそんな気にはなれません。
しかし、皆さんがNZに来てこちらで何かの事業を立ち上げ成功して欲しいと言う気持ちはとても強くあります。
その為に私に出来る事があれば応援したいと思います。

しかし、それは生半可な気持ちでは無理です。
TVで放送した成功に至るまでには、皆さん必ず苦労した過程があります。
その一番苦しい工程をTVは、写していない。
立花の岡田さんは、NZで大成功した一人の例です。
彼は、相当なやり手です。
まずセンスが良い。
料理に対するそれのみならず、食器や店のつくりなど総合的にお客を引き寄せる商売人としてのセンスも持っています。
気概もしっかりと持っています。
NZで日本人が考える商売で一番多いのが日本食の料理屋です。
多くの日本食の料理屋が出来て、そして多くの店が潰れています。
それが日常茶飯事に起こっています。
その中で彼は、成功して発展を続けています。
私は、立花のVictoria ParkとNewmarketの2店しか知りませんでしたが、今は、4店舗もあるのですね。

しかし、誰も彼もが、岡田さんのようになれるわけではありません。
こんなことは言うまでもない当たり前すぎる事ですが、幻想を抱いている人が居たら困りますので現実を見て頂きたいだけです。
NZで成功している人は、日本でも他の国でも成功している人たちだと思います。
たまに日本では駄目だけど、海外へ出ると実力を発揮する人も居ますが。
いずれにしてもそう言う志を持った人は、かなりの気概を持っています。
まず、ビザの取得に関して自分は、どうしたら良いか、ビザが取れるとしたらどのように生計を立てるか。
どこかに勤めるかまたは、自分で会社を起こすか。
会社を起こすか店を開くとして採算が取れて豊になれるかどうか。
TVでは、失敗例を取り上げていたら視聴率も上がらないでしょうから、成功例のみを大きく取り上げていると思います。
成功する人は、多くの場合、日本でも成功するでしょう。
そう言う人の中で海外を目指し、更にNZを目指す人は、かなり少なく絞られると思います。

NZは、新規事業を始める国としては、良い国です。
日本のように行政手続は煩雑では、ありません。
会社は、数日で出来ます。
費用も数万円で充分です。
殆どの手続きがオンライン化されており、役所の為に半日つぶして出かける必要も殆どありません。
そう言う意味では、気概と構想と資本金があれば成功しやすいと言えます。
その大前提として冒険を犯す勇気があるかどうかです。
あなたも思い切ってこの辺で、勝負に出てみますか?
[PR]
平成16年10月28日(水) 05:11pm (NZ time)

こんにちは、皆さん。
今オークランドは、雨は降っていませんがいつ振り出してもおかしくない空模様です。

本日、2004年10月28日NZ準備銀行(NZの中央銀行、日本の日銀に相当)は、
政策金利(OCR = Official Cash Rate)を6.25%から6.50%に上げました。
本日金利を上げるのは、以前から言われていましたので誰もが分かっていた事です。
私は、政策金利と公定歩合の違いが分かりません。
どなたかお分かりの方がいらしたら教えてください。

6.50%と言う高金利は、先進国の中では他には無いのではないでしょうか?
そうすると世界中のお金がNZに集まってきてNZ$が高騰するのかな・・・?
と思っていたら、NZ$は、下落しています。
一体外国為替と言うのはどう言うメカニズムで動いているのか良く分かりません。
ここまで金利をあげたら景気が減速すると言う警戒感が働いたのでしょうか?
その辺を色んなサイトを見て調べるのも面白いかもしれませんが、私は、そこまでやる気がありません。
どなたかお分かりの方が居たら教えてください。

NZの不動産相場は、一進一退を繰り返しています。
今回の金利値上げが止めとなってこれから下落を続けるような気がします。
移民の門戸を狭めて、金利を上げ続けたら景気は減退します。
そうするとNZ全体の景気が悪くなります。
しかし、私はこの事を1年前から言っています。
ところが今までNZの好景気は、続いてきたのです。
そしてインフレの懸念から金利を上げるところまで行っているのです。
もうそろそろピークに達したかと言う感じです。

2004年9月度のNZ全体の住宅価格の平均価格は、NZ$250,000(約18,250,000円 NZ$1 ≒ \73)でした。
これは、過去最高です。
2003年9月度のそれは、NZ$221,000(約16,133,000円 NZ$1 ≒ \73)でした。
しかし、販売戸数は、減少を続けています。
2003年9月度の販売戸数は、21,610戸でしたが、2004年9月度は、7,854戸と激しく減少しています。
これで販売価格が下落すると一気に不動産相場は、冷え込むと思います。
これらは、全てNZ全体の住宅価格です。
言うまでもありませんがオークランドは、もっと高いです。

昨日イラクで日本人の若者 香田証生(しょうせい)さん(24)が人質になったと知りました。
NZにワーホリ(ワーキングホリデー = Working Holiday = 2カ国間の若者相互受け入れ政策、1年間働きながら住める)
で来ていてNZから中東へ渡ったそうですが、無事な帰還を願うばかりです。
[PR]
平成16年10月27日(水) 10:51am (NZ time)

おはようございます、皆さん。
今オークランドは、雨は降っていませんがいつ振り出してもおかしくない空模様です。

昨日は、本当にぶったまげました。
トップページのカウンターを見てください。
昨日(2004年10月26日)1489になっています。
これは、勿論トップページだけの数字です。
全ページの閲覧回数は、何と6,207回に跳ね上がりました。
写真集の全ページの閲覧回数は、340回でした。
こんなに人が来たのは、前代未聞の事です。
多くの人にこのHPを見ていただくことは、私にとって大いなる喜びです。

osakakiwiさんと言う常連の方が記帳簿に書いて教えてくれましたが、
10月26日TBS系列で(関西地方MBS)22:00~22:54 世界バリバリバリュー
「ニュージーランドで豪邸楽園生活!!プール庭球コート付き3000坪激安大邸宅に住みたい」 と言う番組を放送したと言う事です。
私は、勿論その番組を見ていませんが(見たくても見れない)、余程NZに住みたいと思わせる番組だったのでしょう。
誰が出ていたのか知りませんが、若しオークランドの日本人が出ていてそんな大邸宅に居たとしたら、きっとYさんでしょう。
あの家には、テニスコートもプールもあるし、確かに広大な敷地もある。
何と言う方が出演していたか、どなたか教えてもらえませんか?
きっとこちらに居る日本人の家庭を写したのでしょうね?

今までもTVでNZの事を放送するとアクセス数がど~んと増えました。
しかし、今回のように多いのは、かつて無かったことです。
TVで取り上げた場合は、良いところしか写さないでしょうから、恐らくこの世の楽園のようにNZを紹介したのでしょうね。
確かにNZは、住みやすい良い国です。
普通の日本人は、海外へ移住するなどと言う事は、余り考えませんが、TVで見ると移住したいと思うのでしょう。
昨日このHPへ来た方のキーワード検索で一番多かったのは、「ニュージーランド 移住」でした。
他にも「ニュージーランド 永住権」とか「ニュージーランド 仕事」の検索も多かったです。

皆さん、今頭が熱いうちに直ぐ、実行に移した方が良いです。
時間が経つと移住を考えたことなど不思議に思えてくるかもしれません。
鉄は熱いうちに打て。
日本人は熱いうちにNZに飛べ。
これを合言葉に皆さん移住してください。
私がお手伝いいたします。
でも実行に移す人は、滅多に居ません。
良いなぁ~ と思いを馳せるだけで終わる人が95%だと思います。
真剣にNZ移住を考えて色々調べて検討する人が5%。
でも、その5%の内、色々調べてみたら、到底これは無理だと思って行動をとる前に諦める人が4%。
残りの1%が実際の移住に向けて行動を取る。

しかし、昨日TBSの番組を見た人の内、1%でも移住したらNZの日本人の数は、一気に増えると思います。
中国人を追い抜くかもしれません。
私は、歓迎します。
皆さんどうぞいらしてください。
でも、しっかりと調べて下さいね。
本当に自分は、NZに移住できるかどうか。
ビザが取れるかどうか。
何で生計を立てるか、きちんと計画を立ててから行動に移した方が良いと思います。
計画なんかどうでもえぇ~ まず、行動だという人も居ますがそう言う人は、勢いがあるのでそれはそれで結構だと思います。

いずれにしましても、日本を捨ててNZに移住すると言う事は、人生が全く変わる事になります。
余程の覚悟がないと出来ないと思います。
でも、日本に帰ろうと思えばいつでも帰れますので、戦前南米やハワイに移住した日本人のように重苦しく考えることも無いですが。
戦前、ブラジルやハワイに移住した人たちは、それこそ日本にはもう絶対戻れないと言う覚悟で海を渡ったと思います。
当時は、船で海外へ行くなどと言う事は、一生のうちでまず無いことでしたから、重大な決心だったと思います。
ブラジルの農園を訪れた小泉さんを涙で迎えたと言う日系人達にその思いが伝わっています。
日系1世達は、当時本当に死に物狂いで働いたと思います。

多くの皆さんがNZに移住する事を期待して待ってます。
[PR]
平成16年10月26日(火) 07:39pm (NZ time)

おばんです、皆さん。
今日もオークランドは、雨、雨、雨・・・

昨日ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line、非対称デジタル加入者回線)が開通しました。
ADSLと言っても日本の皆さんのそれとは比べ物にならない遅い代物です。
最高速度が254kbpsですから、UploadとDownloadの速度は違いますが、実質100kbps~200kpbs位だろうと思います。
1週間くらい前、私が使っているプロバイダーのxtraへADSL(xtra固有の呼称としてJetStreamと言います)を申し込んだ時、
10月25日の朝10時までには、接続工事が終了し、工事が完了したら電話をくれると言っていました。
数日前再度、E-mailでもxtraに問い合わせをして実際、何時から開通して使えるようになるのかと聞きました。
そうすると12時半と言う答えが返ってきました。
そして、昨日開通したら電話が来る事になっていましたが、待てど暮らせど電話は、ありませんでした。
それで2時半頃xtraへ電話して聞いたら、もう開通していると言う返答でした。

NZでは、相手が電話をくれると言った場合は、絶対電話をくれないと言う意味です。
それは、私がこちらに来て、何度も何度も体験し、その度に相手の言う事を信じ、騙されてきました。
しかし、如何に人を信じやすく騙されやすい私でもいい加減にこれだけ何度も同じ事を繰り返すとやはり学習しています。
ですから、電話は、来ないことも充分予想していました。
期待が裏切られると頭に来ますが、期待していないと頭に来ません。
事が極力円滑に進む事を望むのみです。 アーメン!

それで、実際にモデムを接続しました。
そうすると本当に通じていました。
開通したと言う知らせの電話は、来ませんでしたが、25日と言う期日は、守られたわけです。
期日が守られると言う事・・・こう言う事も長年NZに住んでいるとたまにあります。
これを幸運と呼ばずして何と言うでしょう?
南無大師遍照金剛!

実際Internet ExplorerとOutlook Expressを使ってみて、早いかどうかを見てみました。
あれっ・・・? これって電話線接続とスピードが変わらないんじゃないかな・・・と思いました。
私の日本の家では、Yahoo BBを使っていますが、あの通信速度と比べるとずっと遅いです。
でもやはりDial Upと比べると多少早いのは、間違いありません。
それにInternetを使用中でも電話は、使えます。
やはりADSLなのです。
試しに、自己紹介のページのBGMを聞いてみました。
今まで使っていた、「刑事」の主題歌の大きさは、約4.5Mもあり電話線接続の時は聞けませんでした。
ところが、ADSLにしてからは聞けました。
やはり、ADSLなのです。
日本と比較すると相当遅いですがやはり、ADSLなのです。

それで、ちょっと気分を良くして、今日BGMを変えました。

宜しかったら如何ですか? → 「自己紹介」
今日載せたBGMは、1970年のイタリア映画の傑作「ひまわり」の主題歌です。
ヴィットリア・デ・シーカ監督、ソフィア・ローレン + マルチェロ・マルトロヤンニ 主演の映画でした。
戦争を舞台にして悲恋を描いています。
熱い恋をしていたイタリア人の男女。
戦争が起こり、恋人はロシア戦線へ。
女性は、一人待ちました。
しかし、戦争が終わっても恋人は、帰って来ませんでした。

彼女は、その熱い思いを行動に移しロシアの中をさまよい恋人を探します。
女性(ソフィア・ローレン)が、モスクワの地下鉄の駅の階段を上り地上に出てきた時の町の圧倒的な光景。
手がかりを捜し求めて、歩いた田園の中で映し出される広大なひまわり畑。
それらのシーンは、見ている者の心を激しく揺さぶります。
女性(ソフィア・ローレン)は、男性(マルチェロ・マルトロヤンニ)が居る場所を探し出しました。
その家に居た美しく若いロシア人女性が洗濯をしていました。
男性は、ロシア人女性と家庭を築いていました。
男性は、勤めに出ていて家に居ませんでした。

冬のロシアの中を行進中に寒さで倒れ、ロシア人女性に助けられた男性は、そのままその女性と家庭を持っていました。
凍傷で足は不自由になっていました。
女性は、男性が仕事から帰ってくる時刻に駅で待っていました。
そこに列車が着き、多くの人間に混じって男性が降りてきました。
マルチェロ・マストロヤンニは、ビッコを引きながら歩いてきました。
2人は、目を合わせた瞬間、言葉を無くし呆然とするだけでした。
列車が動き出した時、 女性は一人、列車に飛び乗り泣き崩れました。

結局2人の思いは、哀しくも遂げられず、別れたままでした。
将に哀しいラブストリーでしたが、ヴィットリア・デ・シーカ監督の演出は、見るものを魅了せずにはおかない最高の映画でした。
是非お薦めの一作です。
[PR]
平成16年10月24日(日) 11:28pm (NZ time)

おばんです、皆さん。
今日もオークランドは、雨、雨、雨・・・でした。
お知らせです。 明日10月25日(月)は、ニュージーランドの祝日です。
Labour Day(レーバーデー : 発音に注意 レィバーデェィに非ず)です。
焼き鳥のレバを沢山食べて、ビタミン何とかを補給しましょうと言う日では、ありません。
Labour Dayを日本語で言うと勤労感謝の日とぴったりと符合しますが、夫々別個の思いで創設したと思います。

「About Reciprocal Links」と言うページを今日作りました。
これは、ニュージーランドのHPとも相互リンクを進める目的です。
ですから、英語で作りました。
良く考えたら、NZのHPとも相互リンクをしたいと思っていたのですが、英語のページが一つも無いと言う事に、
今更ながら気づきました。
NZや他の国の英語のHPを探すと、リンクを金で売っているHPが大変良く目に付きます。
日本人相手にそのような商売をしてもまず、儲からないと思いますが、外人には通用するのでしょうか?
ちょっと信じられません。
意外とお金の種がリンクに眠っているのかも知れません。

GoogleでNZのページのみを指定して検索していてもいつの間にかアメリカのHPへ行っている事があります。
どっちも英語なので境界が無く、最初は全く気づきません。
私は、NZのHPだと思って読んでいたら、アメリカさ飛ばされている事が良くあります。
止めて欲しい。
日本語や欧州の大陸の言語やアジアの言語と言うのは、世界中で使われている訳では有りませんから、
混同することはありません(スペイン語を使っている国も多いですね)。
例えば、日本語のHPを読んでいたら、そのHPのホスト(Host = 主催者、主人)は、まず99.9%日本人です。
ですから国籍がどうのこうのと考える必要はありません。
ところが英語だとそうは行きません。
英語を使う国は、沢山あります。

イギリスが衰退していった原因は、色々な学者が研究しているはずですが、英語と言うのは、時によって両刃の剣になります。
それは、どう言うことかと言うと、英語を公用語としている国へ簡単に出て行けます。
つまり、英国の優秀な人材や会社が他の英語を使う国に流出しやすいのです。
いわば日本の逆です。
日本人は、日本語と言う鎖で牢屋につながれている様なもので、外国へ行って住もうと簡単には思いません。
ところが、英国人は、気軽にどこでも出かけます。
一見便利なようで、英語と言うのは、英国のような国にとっては案外、致命的な欠点になりえます。
勿論その逆も然りですが。
これは、国と言う視点で見た場合です。
英語を母国語とする個人にとっては、強い武器になると思います。
Kiwi達(ニュージーランド人の事)も良く海外へ流出します。
NZの先生とか看護婦の海外流出が激しいと聞いた事があります。
NZの給料は、安いので他国で働くためです。

東南アジアへ行くと日本語を話す人に会う事があります。
台湾とか韓国の人達は、特に多いですが、
太平洋の島々の人でも戦争中に日本に支配されて日本語で教育を受けたと言う人もパラパラいます。
日本語を話す人が一番多い国(本当は地域と言うらしい)は、台湾です。
私は、数十年前台湾に1ヶ月ほど滞在したことがあります。
私の処女航海は、台湾でした。
日本以外の国と言うのは、初めてでとても不思議な気持ちでした。
若かったので興味の方が強く何でも刺激があって楽しかったです。
台湾へ着いた時、本当に彼らは、台湾語(福建語)で話しているのだろうかと何とも言えない、
不思議な気持ちで彼らの言葉に耳を傾けました。
そうすると驚いたことに、日本語ではなく、訳の分からない言葉で話しているではないか?!

それが福建語と言う中国語の方言の一つである事を後日初めて知りました。
福建語と言うのは、中国の福建省の言葉です。
台湾では、北京語も流布していますが。
華僑と言われる人たちの出身地で一番多いのが、福建省と広東省です。
広東語は、香港で使われているので皆さん、良くご存知と思います。
私にとっての初めての海外、台湾では、お年寄りの殆どが日本語を話します。
それも片言では、無く見事に話します。
英語は、勿論通じません(英語通用度は、恐らく日本と同じくらいでしょう)。
台湾で誰かに道を聞きたいと思ったらお年寄りを捕まえて日本語で聞けば大丈夫です。
台湾人は、日本人が大好きです。
日本語で話しかけられるととても喜びます。

朝鮮半島でも日本語は、通じるはずです。
でも、韓国人と台湾人の日本人に対する態度は、全く違うと思います。
私は、韓国へ行った事が無いので分かりませんが、日本に対する反感がとても強いと聞いています。
しかし、最近は、政治的な日本文化拒否政策も和らいでいるので、昔ほどではないかも知れません。
このように日本語が通じる国もあるのです。
不思議ですね。
日本以外で日本語が通じると言うのは、一体どう言う事でしょう?
答えは、決まりきっていますが、植民地です。

現在、英語を公用語としている国は、殆ど全て、英国の植民地でした。
アメリカ、カナダ、NZ、豪州、シンガポール、マレーシア、インド、南アフリカ、ジンバブウェ、
その他のアジア、アフリカの国も沢山あります。
アメリカは、完全に本家を追い抜いてしまいましたので別格として、その他の旧植民地群をCommonwealth Countriesと言います。
カナダは、どうか知りません。
Commonwealth Countriesで集まって、クリケットのような英国色の強いスポーツ大会などをしているようです。
侵略と略奪と殺戮と強姦を繰り返し他国を奪いそして繁栄した英国の言葉、それが英語です。
それが今、世界中で一番通用する言葉です。
忌まわしい帝国主義の言葉、英語を拒否しようなどと言う世界運動は、全くありませんね。
余りにも圧倒的に普及してしまったので、そんな事を言える状態じゃないべさ。
[PR]
平成16年10月23日(土) 10:12pm (NZ time)

おばんです、皆さん。
今日もオークランドは、雨模様と曇り空でした。
お知らせです。 10月25日(月)は、ニュージーランドの祝日です。
Labour Day(レーバーデー : 発音に注意 レィバーデェィに非ず)です。
焼き鳥のレバを沢山食べて、ビタミン何とかを補給しましょうと言う日では、ありません。
Labour Dayを日本語で言うと勤労感謝の日とぴったりと符合しますが、夫々別個の思いで創設したと思います。

こちらをご覧下さい → 「海外版「オレオレ詐欺」の多発」
これは、私が購読している日本外務省の海外安全情報と言うE-mailにあった記事です。
このE-mailは、毎日配信されてきます。
先日、osakakiwiさんと言うこのHPの常連の方がNZで俺おれ詐欺をやったら成功するかも知れないと提案がありました。
又、私のこちらの日本人の知り合いでもそんな話をしていました。
勿論これらは、いずれも冗談ですが、しかし悪い奴が本当にNZでKiwi(ニュージーランド人の事)のおじいちゃん、
おばあちゃんを騙そうとしてもまず無理だろうと思います。
彼らにそんな電話をかけても、それじゃCheque(小切手)で支払うから取りに来てくれと言うのでまず成功しません。
NZの尤も一般的な支払方法は、Chequeです(レストランなど外では別)。
振込みと言うのもあるのですが、あまり普及していません。
ですから、Kiwiのおじいちゃん、おばあちゃんに孫の命を救う為に直ぐ金を振り込めと言っても無理です。

又、更に数日後、ままさんと言うもうひとりの常連の方が、海外で俺おれ詐欺が起こっていると怒りの投稿をしてくれました。
Yahooニュース記事のURLも添付してくれましたので実態が大体分かりました。
これらの投稿は、「記帳簿」での会話です。
やはり、人の考える事は大体似たようなもんですが、実行に移す悪い奴と言うのは、やはりそれなりに工夫しています。
人生の裏街道を生きる彼らも必死です。
ありとあらゆる手を尽くし、知恵を絞っています。
でもやはり彼らも騙す対象は、日本人の壮年層です。
外人を狙いません。

2004年9月13日と14日の気まぐれで書いた、水谷先生の記事を憶えていますか?
私は、彼の書いた本「夜回り先生」と言う本を最近読みました。
知り合いの日本人に借りました。
そして、彼のHPも読んでいますが、彼が地方へ行き夜回りをして気づいたことがあると言う事です。
それは、斜陽の町、つまり不景気にあえいでいる町の子供達がすさんでいる傾向が強いと言う事です。

そして、同じく気まぐれの2004年9月23日、24日、25日と3日間に渡って私は、
かなり詳細なデータを参照しながら、中国に対するODAを廃止すべきだと言う事を言いました。
これを書くために、私は、相当な手間暇をかけました。
そして付随的に気づいたことは、10数年前まで日本のGDPは、約700兆円だったのがいつの間にか400兆円になっていることです。
日本の地価、株はバブル期と比べると相当下落しましたので、不思議ではありません。
それにしても700兆円から400兆円に減ったと言う事は、4/7 約43%の減少です。
それは、驚天動地の凋落振りです。

これらを全てまとめて考えると、行き着くところは、常に1ヶ所です。
それは、「お金」です。
裏街道に生きるその筋の人間も、不景気に苦しんでいる町の子供達の親達も、お金の為に苦しんでいます。
又、事件として表に現れてこない多くの人達も同様です。
トヨタのように過去最大の収益を上げている企業もありますが一部です。
日本人は、今苦しい状況にあります。

「人生は金じゃない」と良く聞きます。
しかし、これは、真実の一部を表している言葉です。
額面どおりに受け取れない言葉です。
確かに相当重い真実を含んだ言葉だとは思いますが、実際お金で苦しんで犯罪を犯したり、
自殺したりする人が多い昨今、そう言う人たちにとっては寧ろ腹立たしい言葉だと思います。
人生は、お金で解決できる問題が殆どです。
陰の道で生きている人間も昔ながらの裏博打や飲み屋や風俗で充分生活出来るなら、何も海外へ行った人間を狙って詐欺をしません。
又、薬を中高生に売りさばく様なあこぎな商売もやらないと思います。
収入の減少で苦しむ家庭の子供達もお金が充分あると何も苦しみません。
水谷先生の出番もかなり減ります。
この明確な事実を認めずして、「人生は金じゃない」と言うべきでは無いと思います。

それでは、有り余るお金があったと仮定した場合、ヤクザも裕福になり中高生への薬販売を止め、俺おれ詐欺をやめるでしょう。
一般家庭の親達も、経済的に楽になると子供達も、薬や犯罪に走るケースがかなり少なくなると思います。
近年のような経済的な苦しみ故の事故や事件は、減ります。
水谷先生は、又、先生に戻るかもしれません(彼は、9月30日をもって辞職しました)。
その時に、「人生は金じゃない」と言う言葉の真実が浮かび上がってくると思います。
お金があって裕福で何不自由の無い生活をして居て、その時に、虚しく、寂しかったとしたらどうでしょうか?
その時に生きている事が苦しかったとしたら、「人生は金じゃない」と言う言葉が重くのしかかって来ると思います。
人は、何を求めて生きるかと言う、命題に突き当たります。
古来人類が探し求めて来た永遠の命題です。
[PR]
平成16年10月22日(金) 11:43pm (NZ time)

おばんです、皆さん。
オークランドは、今日、晴れて風邪も無く暖かかったです。
日本は、如何でしたでしょうか?
台風は、無事過ぎ去った事を願っています。
本当に今年の日本は、台風にとことん泣かされた年でしたね。
自然災害は、如何ともしがたい。

皆さん、私は数日前お遊びで
「ニュージーランドのゴッゴル人形」と言うページを作りました。
しかし、これは、NZと一切関係ないページで書いてある内容は、完璧な嘘です。
ですから読まないで下さい。
読んでも一銭も損は、しませんが時間の無駄です。
どう言うお遊びかと言うと「ゴッゴル」と言うキーワードでGoogleの検索順位を争うのです。
Su-Jineさんと言うHPのプロの方の提案で始まったSEOのお遊びです。
SEOなどは皆さんにとって全く感心も無い事でしょう。
参考までに簡単に説明しますと、SEO = Search Engine Optimisation(Optimizationは、米語) = 検索エンジン最適化。
と言う事らしいです。
つまり、検索エンジンで或るキーワードで検索した場合、出来るだけ上位に表示されるように、HPを構築する訳です。
例えば、Google Japanで「ニュージーランド」で検索すると約56万ページが抽出されます(ウェブ全体から検索)。
このHPは、何番目か知っていますか?
最近は、7位~8位辺りをうろちょろしています。

ここにいらっしゃる皆さんは、何かの検索エンジンから来た人が多いと思います。
多くの人を自分のサイト(Site、WebsiteつまりHPの事)に来てもらうように、サイト運営者は、しのぎを削っています。
特にHPで何かを販売したり、クリックしてもらうことに寄って収入につながる場合は、必死です。
それで、SEO対策に頭をひねっていると言うわけです。
このHPも、有料サービスを提供しています。
ご存知でしたか?
約1年前私は、HPに関して全くのド素人状態からこのHPを立ち上げて、検索でかなりの上位に来るようになりました。
それで、私も結構遊びとして興味を持ち、SEOレースに参加したわけです。

今日の午後、私の携帯に電話がありました。
私が電話に出ると、挨拶も無くいきなり「あなたは、○●か?」と来ました。
わたしは、「あ~た誰?」って、聞いたら、漸く説明がありました。
こちらの人は、自分の身分を名乗らないで、いきなり「誰々は居るか?」と来る人が多いです。
ちょっとまてぇ~な人なら、おばんですとか、こんにちは、と挨拶をする人も居ます。
それでも自分の名前を名乗らない人が、9割以上です。
「まてぇ~」って、どう言う意味か分かりますか?
話しが又、あらぬ方向へ行きそうです。
電話してきた相手の素性は、かろうじて聞き取れたのですが、英語の訛りが余りにも激しく、
何を言っているのか分かりませんでした。

明らかにIndianの訛りです。
Indianと言うのは、インド人の事です。
アメリカインディアンではありません。
アメリカインディアンは、元々インディアンじゃないのです。 彼らは、オリジナルのアメリカ人です。
アメリゴ・ベスプッチかコロンブスかどちらか忘れましたが(恐らくアメリゴ・ベスプッチ)、
アメリカ大陸をインドだと思い込んで、インディアンと呼んだだけです。
何故かアメリカの下に西インド諸島があるのは、その為です。
私は、Indianとは、嫌と言うほど接してきました。
シンガポールにも、沢山居ました。
それで彼らの激しい英語の訛りに結構慣れています。

しかし、そう言う私でも訳が分からないほど、そのIndianの訛りは、強烈でした。
そして、何度も聞き返して、漸く飲み込めました。
North Shore(オークランドには、4つの市があります)で主催しているコンピュータコースに申し込んで居たので、その案内でした。
11月1日から、コースが始まるので、来てくださいと言う事です。
何と36週間です。 9ヶ月間近くです。
それが全て無料です。
North Shoreの会社の人間の技能向上の為に設けられた講座のようです。
さてここで問題です。
オークランドの中にある4つの市を全て挙げてください。
正解者の方には、豪華賞品を用意しています。

このコースを終了すると、国家資格を得られます。
どんな資格か知りませんが、資格と呼べるものは殆ど持っていない私ですので、何かの足しになるかも知れません。
NZ国内では、間違いなく有効な資格です。
恐らく日本では、通用しないでしょう。
コンピュータと言ってもかなり分野は、細分化されていますが、私は、自分でどんなコースを選んで申し込んだのか忘れています。
ワードとかエクセルのような事務関係のソフトなら詰まらないですが、やってみたら分かるはずです。
[PR]
ニュージーランドのゴッゴル人形

ニュージーランドのゴッゴル人形
第 1 回 SEO コンテスト

皆さん、ニュージーランドのゴッゴル人形って、ご存知でしょうか?
私は、ニュージーランドに住んでいます。
そして、「ニュージーランドドリーム」
と言うHP(Webpage = ホームページ)を作っています。
HPで、ニュージーランドに関する色んな情報提供することに生涯を捧げています。

こちらで最近、若者の間で大流行しているのがゴッゴルと言う遊びです。
どう言う遊びかと言いますと、H2Goと言うミネラルウォーターがありますが、それをゴッゴルと飲む遊びです。
何が楽しいかと言うと、実は何も楽しくないのです。
どうしてこんな遊びがニュージーランドで流行しだしたのか分かりません。
まぁ、世の中には、いろんな人が居ます。
ですからやりたい人にはやらせておけば良いので、私の関知する所ではありません。

聞くところによりますと、H2Goと言う水を沢山飲めば、ゴッゴルと言うぬいぐるみが当たるそうです。
そのぬいぐるみが、Kiwi Bird(キーウィバード)とKiwi Fruit(キーウィフルーツ)の合いの子のようでとてもめんこいです。
大流行の理由は、この「ゴッゴル人形」かも知れません。
この人形を左腕にぶら下げて歩くととても持てると言う事です。
効果てき面らしいです。
なんせ、中々当たらないためにプレミアム(Premium = 特別需要価値)が付き1匹$1,000以上で売れるそうです。
あなたも一度ニュージーランドのオークランドへいらして、ゴッゴル人形をゲットしませんか?

ゴッゴル人形のプレミアムは、来年2倍、再来年は、4倍に跳ね上がると言うのが情報筋の見方です。
因みにゴッゴルの由来は、ゴルゴ13がゴッゴル人形を見て、ゴッつい喜んだからだと言うのが真相という説もあります。

済みません、このページは、ほんのちょっとした余興です。
上記は、全て嘘です。
詳しくお知りになりたい方は、上の「第 1 回 SEO コンテスト」をクリックして下さい。

[PR]