<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

容疑者は、既に明白です。
最近は、段々とその量が増えてきました。

今日、また、坊やに聞きました。
私 「僕ちゃん、2階の窓からゴミ投げてないかい?」
坊や 「いや 投げてないよ。 僕誓うよ。 きっと隣の家のゴミが風で飛んできてるんだよ」
私 「そうか、分かった」

そして、私は、坊やのかあさんに電話しました。
大家さんと同じ住所に私のFlatがありますので、大家さんの家は、直ぐ裏です。
でも電話しました。

私 「ゴミが天から降るんだけど、犯人を捜している」
かあさん 「きっと 坊やだわ」
私 「いや 今坊やに聞いたら違うと誓ったよ」
かあさん 「いや 坊やに決まってるべさ」
私 「それじゃ、お宅の坊やは、嘘つきなの?」
かあさん 「あはは、子供は、全員嘘つきよ」
私 「そんな事は信じられない」
かあさん 「何でも良いけど 今坊やにゴミを拾わせに下に行かせる」
私 「そうなの 分かりました ありがとう」

と言う事です皆さん。
子供は、皆嘘つきらしいです。
私は、年齢が増えるに連れて嘘つきになると思っていました。
子供は、不純ですね。
大人は、もっと不純だし。
人類は、皆不純という事か・・・?



「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]
天から降るものそれは・・・?

何かと言うとごみです。
使ったテッシュ、チョコレートの包み、飴の包み、飲料水のボトル(樹脂)、アイスキャンデーのボッコなどなど、色とりどりの品々がニュージーランドでは、天から降ってきます。

私は、ニュージーランドのオークランドの片田舎のアパート(Flat)に住んでいます。
それは、1階で大家さんの家と同じ屋根の下です。
2階には、毎日バイクを乗り回している13歳のがきが住んでいます。

今日、とうさん(大家さんの主人)が雑草駆除の薬をまきに私の庭に来ました。
その時、 「あのね、不思議な事に天からごみが降ってくるんだよ」 と言って、
私のアパートの庭に散乱した使ったテッシュを指し示しました。
その後、直ぐ大家さんが家に帰りました。
するとまもなく、コカコーラのペットボトル(1リッターボトル)がまた、天から降ってきました。

さて、ここで問題です。
このごみは、一体天から降ってくるのでしょうか?



「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]
大家さんの家には、車が2台入るガレージ (ガラージ) があります。
2日前そのガラージにカーペットが敷かれました。
ガレージをラウンジのようにしてパーティーもするそうです。
大家さんの旦那のパーカッションもガラージに移動されました。
雨が降るとべちゃべちゃになるでしょう。
でも特殊なカーペットで雨に濡れても良いらしいです。
どうも理解できない感覚です。
40畳くらいの広さでカーペットの材料代が$700(特価)で工賃が$400くらい掛かったそうです。
写真を撮って載せようかと考えましたが、車のナンバープレートを塗りつぶす作業を考えたら臆しました。
参考までに言いますとニュージーランドの家では、車庫に絨毯を敷いている家が時々あります。
一体どないなってんやねん・・・?
絨毯=日本語 カーペット=和製英語 絨毯=カーペット
この理解で宜しいでしょうか?
オレンジ=蜜柑 この理解で宜しいでしょうか?
マッシュルーム=きのこ この理解で宜しいでしょうか?
もうええっ~ちゅうねん。


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]
自民党が血なまぐさい状況になってきましたね。
自民党亀井派の能勢和子前衆院議員=比例中国ブロック=が十二日、今月三十日に公示される衆院選への出馬を断念したことを明らかにた
と言う事。
そして当人は、公認されないことを予測していなかったようで無念の涙を流したと言う事です。
あの純ちゃんの性格なら、郵政民営化法案が参議院で否決されたら当然、衆議院を解散する事は、分かりきっていた。
その場合、法案に反対票を投じた人間を公認しないのは、目に見えていた。
政治家でありながらそれが分からなかったのだろうか・・・?
到底理解出来ない。
反対票を投じたほかの政治家も自民党の公認を受けれない事に大きく動揺している。
権謀術数の海をすいすいと泳いできた人たちがこの程度の読みで決断してきたと言うのは、到底不可解だ。
潔い決断と行動の後には、何が現実に待っているか予測できなかったのか・・・?
自分の信条に殉じて、反対票を投じたのではなかったのか?
単なる演技だったのか?
不思議でならない。

それにしても純ちゃんの決意は、相当固い。
9月11日の選挙後、政界は、大きく変わるだろう。
恐らく自民党が勝つだろう。

殆どの政治家が何らかの利権を持っているはずだ。
今回たまたま郵政族と言う議員達が墓場へ行った。
郵政族としてお金に繋がる利権があるのかどうか分からない。
利権と言えば、土建工事や建築工事が最大だろう。
次回は、彼等を墓場へ送って欲しい。

純ちゃんは、今回のことで恐らく相当な恨みを買う。
何かが起こるかも知れない。
彼ならそれでも本望だと思うだろう。
いっその事、土建族の大掃除もしてもらいたい。
土建族と言う呼称は、無いな。
建設族か・・・?

これからも頑張ってね、純ちゃん。
あなたは、日本に必要な首相です。


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]
みなさん、お元気でしょうか?
随分と長い間、更新していないので、ままさんから叱られました。

最近、家の大家さんの僕ちゃんがバイクを買ってもらいました。
バイクと言うのは、自転車じゃなくエンジン付きの子供用バイクです。
47ccのエンジンが付いています。
原付と同じ位の排気量のエンジンです。
でも本当に最低限の装置しか付いていません。
スケートボードのような板にハンドルとエンジンとブレーキを付けたような感じです。
僕ちゃんのかあさんに免許要らないのと聞いたら要らないと言いました。
僕ちゃんは、中学生で13歳くらいです。
Kiwi kidsは、成長が早いですが、まだまだ子供の年齢です。

2~3日前くらいからこのバイクを乗り回しています。
エンジン音が五月蝿いです。

先ほど、私が外から帰って来てウンコをしていると、僕ちゃんの私を呼ぶ声が・・・?
「お~い 拓也~ あ~たは、力持ちかい?」 と聞いている。
拓也って、私の名前です。
私の名前は、木村拓也と申します。
「嫌 俺は、非力だ」 と答えました。
「バイクのエンジン掛けてくれないべか~?」 と僕ちゃん。
「んだか、それじゃ、ちと 待て、俺は、今ウンコ中だから」 と私。
「うん 分かった」 と僕ちゃん。
参考までに申し上げますと、私の住まいのトイレの窓を開けると、
そこは、駐車場です。

それで、あんまり待たせるのも可哀想なので、
やや早めにウンコを切り上げて僕ちゃんのバイクさ行きました。
エンジンは、紐を引っ張ってかける方式です。
何度か試すとエンジンが掛かりました。

そして、私が家に戻ってしばらくすると又、僕ちゃんの呼ぶ声・・・
「エンジンが止まったので、又掛けて」 と僕ちゃん。
やれやれ又かと思いつつ、直ぐ又、外さ行ってエンジンを掛けてやりました。
いつか私もあのバイクに乗せてもらおうかと思っています。

参考までにこのバイクは、インターネットで$250で買ったそうです。
新品だと$750くらいするらしいですが、TradeMeと言うインターネットの
中古品個人売買のサイトで買ったそうです。
数ヶ月前、インターネット上の売買で詐欺が問題になっていましたが、
まぁ、運が良ければ本当に品物が買えるのですね。
全員が詐欺と言う事でもないようです。


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]
久しぶりにblogを更新します。
そして更に久しぶりに写真まで載せます。
2005年7月26日に豪州のBrisbaneからAucklandへ向かう機内で撮影した写真です。
時間の流れとしては、上の写真から下の写真へ進んでいます。

b0026028_18554793.jpg
 ↑ Brisbane空港を離陸した直後です。

b0026028_18563465.jpg
 ↑ Brisbane空港郊外の沼地と言うか湿地帯です。 半島も見えます。
何半島か分かりません。

b0026028_18571117.jpg
 ↑ 更に飛んで川が見えました。 依然として湿地帯です。

b0026028_18573676.jpg
 ↑ 海岸線に出ました。 飛行機の陰が見えます。

b0026028_1858071.jpg
 ↑ 更に飛ぶとちょっと違った土地に来たようです。

b0026028_18582366.jpg
 ↑ かなり浅い海と見えて海底の白い砂が浮き上がって見えます。

b0026028_18584441.jpg
 ↑ 更に飛ぶと島か半島か分かりませんが人家が見えます。

b0026028_18591571.jpg
 ↑ あれ・・・? これってひょっとしたらゴールドコーストと世間が言うかの有名なリゾート地
じゃ無いかと思いました。 但し、確信がもてませんし確認も取れていません。
でもきっとゴールドコーストだと思います。

b0026028_18593363.jpg
 ↑ この渚は、永遠に続くのでは無いかと思うほど、綺麗な砂浜がずぅ~っと ずぅ~っと
続いていました。


思わぬ収穫だったかも知れません。


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]