<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おばんですみなさん。
今日も暖かな良い天気でした。
でも夜に少しだけ雨が降りました。

北朝鮮情勢は、いよいよ危険な状態になってきました。
国連安保理の決議案をどのような内容にするか各国が協議しているようです。
北朝鮮の貿易を封じ込めるかも知れません。
中国次第で決まりそうです。
北朝鮮が他国からエネルギーや食料を援助してもらえないともうお手上げになります。
第2次大戦前の日本がにっちもさっちも行かなくなった時、逆に打って出ました。
あの時の引き金は、当時のアメリカの国務長官Halさんが日本に出した要求書、Hal Noteでした。
今回は国連決議です。
太平洋戦争当時は、枢軸国と連合国に世界が割れていました。
然し、今の北朝鮮はほぼ完全に孤立してしまいました。
北朝鮮にとっての最後の望み中国でさえ最後の匙を投げそうな様相を呈してきました。
韓国の太陽政策は最初から間違っていたのは議論の余地がありません。
韓国の大統領、盧武鉉さんは実に愚かです。
昔の米国大統領だったカーターさんがソ連に対して柔軟な姿勢で望んで後で大失敗だと分かったのと似ています(ソ連はアフガニスタンに武力侵略した)。
それ故にここに来て、いとも簡単に方向転換をした。

それにしても北朝鮮は、本当に追い詰められていると思います。
それ故にやるなと皆が言ってる原爆実験(かどうかまだ確定していないが)をやったはずです。
追い詰められていなかったらそんな大きな危険を冒してまで実験はやらなかったはずです。
行く着く所まで行ってしまった以上国際社会は許してくれません。
これほどまでに1カ国が世界を敵に回す事も珍しいと思います。
イラクも世界から憎まれていましたが、まだ他のアラブ諸国は肩を持っていました。
また核爆弾の実験もやりませんでした。
北朝鮮には味方が殆ど居なくなってしまいました。
極悪非道国家と呼んでも誰も反対しないかも知れません。
それにしてもこれほどまでに徹底的に孤立した国家と言うのは今までの人類の歴史上無かったと思います。

南アフリカもかなり長い間経済制裁を受けましたが、まだ貿易相手国が居ましたしそれなりに経済は成り立っていました。
アメリカに叩かれる前のイラクも同様でした。
然し、北朝鮮の場合は完全に天涯孤独になり全世界を敵に回そうとしています。
北朝鮮にとって最後の望みであった中国にも逆らいましたのでもう味方は居ません。
いや、北朝鮮に原爆技術を販売したパキスタンとか、北朝鮮と似たような立場のイランとかがひょっとしたら助けるかも知れません。
それにしてもいずれも他国を助けるほどの余裕のある国ではありません。

ニュージーランドと豪州は北朝鮮と国交を結んでいる珍しい国です。
その豪州も今日かなりきつい制裁に踏み切りました。
ニュージーランドはどんな制裁手段を取るのかまだ分かりませんが、今までやってきた約8百万ドルの人権援助を打ち切るのではないかと私は推測します。
北朝鮮の原爆実験発表の数時間後にNZの外務大臣Winston Petersにアメリカの国務長官ライスさんから電話があったそうです。
ニュージーランドとしては何が出来るかと聞かれたそうです。
具体的な方策はまだ明らかになっていないようです。

それにしてもこんな時にはニュージーランドに居るべきですね。
私の知ってる人は約9年近くもニュージーランドに居て今年日本に帰ってきたそうです。
折角今までNZに居てニュージーランド何とかと言うHPも作って居たのにこんな時に日本に帰ってきているなんて可哀想な人です。
「美しい国」ニュージーランドに居たなら全く安全です。
日本は危ない国ですね。
北朝鮮が自暴自棄になって破れかぶれになって原爆を発射するとしたら最初に狙う国はどこでせうか・・?
日本か韓国のどちらかでせう・・?
私は日本だと思います。
でも北朝鮮には核弾頭を乗せて発射できるミサイル技術が本当にあるのでせうか?
核爆弾実験は本当に成功したのでせうか?
核爆弾実験によって多くの事を学習するそうです。
その学習が出来た事が実験の成功と言う屁理屈も良く言われるらしいです。
つまり、1回の実験で完全に成功するという事は無いのではないかと私は希望的観測(Wishful Thinking)を持っています。
ましてや北朝鮮のような飢餓やエネルギー不足に苦しめられている国でそれだけの技術を習得しているか疑問です。
これは本当にど素人の観測です。
きっといつもの北朝鮮のはったり(Bluff)に違いない、うんそうだ。
今夜はこれにてごめん。



ここ → 本日の気まぐれ をクリックすると中身がほぼ毎日(89%の確率で)更新されています。
一見すると更新されていないようですが実は、中身は更新されていますので、「本日の気まぐれ」と言う文字をクリックして中身をご覧下さい。

過去の記事は、こちらでご覧下さい → 「気まぐれ草紙古文書館」


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]
おばんですみなさん。
今日関西は雨でした。
でもいつの間にか雨は上がっていました。
最近は日ごとに気温も下がってきました。
秋も深まり次には冬になります。

今日からニュージーランドでは夏時間が始まりました。
さてここで問題です。
ニュージーランドと日本の時差は何時間でせうか?
正解者の方には豪華賞品を用意していますので奮ってご応募下さい。

ニュージーランドの夏時間は、毎年10月の第1日曜日に始まります。
正確に言うと10月の第1日曜日の深夜2時から夏時間が始まります。
それでは深夜2時(2:00am)が何時に変わるのでせうか?
答えは、3:00amになります。
日曜日の2時になった瞬間が3時です。
そして夏時間は、翌年の3月の第3土曜日に終わります。
正確に言うと翌年の3月の第3日曜日の真夜中の3時に終わります。
3月の第3日曜日の3時は、突然2時になります。
最近の日本人は夏時間を経験した事がないので変な感覚に陥ると思います。
敗戦直後の昭和20年代にGHQの方針で日本でも夏時間を実施した経験がありますが不評で直ぐ廃止されました。

ニュージーランドの標準時間は、冬時間の事です(冬だけではなく春、秋にもまたぐが)。
さてここで問題です。
英語で夏時間の事を何と言うでせうか?
正解者の方には豪華賞品を用意していますので奮ってご応募下さい。

ニュージーランド標準時間と日本の時差は3時間です。
日本の朝8時は、ニュージーランドの朝11時です。
ニュージーランドの夏時間と日本の時差は4時間です。
日本の朝8時は、ニュージーランドの昼の12時です。
ニュージーランド何とかと言うHPでは毎年夏時間になると同じクイズをやって答えも教えないそうですがこのHPではきちんと答えを言いますから親切丁寧です。

昨年の夏時間が始まった頃だったと思いますが、私に大きな衝撃が走りました。
何故なら新事実を知ったからです。
私は、夏時間の事を英語で「Daylight Saving (Time)」と言うとずっと思っていました。
ところが何と驚く事に、「Summer Time」と言う言い方もあるそうです。
アメリカ式が「Daylight Saving Time」でイギリス式が「Summer Time」らしいです。
ニュージーランドは、殆どの面に於いて英国を踏襲していますから英語も殆どがイギリス式です。
それなのに夏時間に関してはアメリカ英語で言うのですから私をはめようとして一ひねり入れたのかも知れません。
そう言えば、通貨単位もドルを使っています。
英国から見捨てられるまではポンドを使っていましたが。

英国では夏時間の事を「Summer Time」と言うと知ったのは、今の記帳簿の先代の記帳簿で教えてくれた方が居たからです。
お二方いらっしゃいました。
そのお二方共、英国在住経験者でした。
随分と昔のような気がしますが、あれは1年前だったんですね。

夏時間が始まる日曜日は、日本人にとって混乱の日です。
夏時間を知らない日本人が2人会う約束をしても問題ありません。
2人とも標準時間ままだからです。
しかし、社会はそうも行きません。
何故なら今までよりも1時間早くなっているからです。
英語学校もスーパーも商店もバスもTV番組も全て今までより1時間早くなっています。
今までより1時間早く起きないと遅刻します。
大変なのは最初の1日だけです。
2日目からは平気です。

10月に夏時間が始まると徐々に日が長くなっていきます。
最も日が長い12月から1月に掛けては、夜の9時頃まで明るいです。
Kiwi達は、仕事が終わってから釣りやゴルフに行く事も良くあります。
野外活動(アウトドアアクティヴィティ)が盛んになりBBQの季節になります。
暑い日でも夕方の7時を過ぎる頃には爽やかな心地よい空気になります。
外はのんびり、ゆったりとした時間が流れ、人々は楽しんでいます。
まるでこの世の楽園のようになります。
圧迫感と欲求不満(ハイカラな言葉で言うとストレスとフラストレーション)が充満している日本を離れ夏のニュージーランドへ行ったら最高ですよ。
あなたも如何ですか?



ここ → 本日の気まぐれ をクリックすると中身がほぼ毎日(89%の確率で)更新されています。
一見すると更新されていないようですが実は、中身は更新されていますので、「本日の気まぐれ」と言う文字をクリックして中身をご覧下さい。

過去の記事は、こちらでご覧下さい → 「気まぐれ草紙古文書館」


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]