<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


b0026028_18263117.jpg


日本が戦争に巻き込まれる事は、決してありません。
何故なら、我が国には世界に誇るべき憲法第九条があるからです。

例えば、或る日、北朝鮮がロケットの先っぽに原子爆弾を搭載して東京に向けて発射しようとします。
ところが、発射直前になって、北朝鮮人民軍総司令官は、こう言います:

「ちょっと待て! 今、日本国憲法を読む。」
それから、30分後、北朝鮮人民軍総司令官は、こう言います。
「東京攻撃は中止する! 何故なら、日本には憲法第九条があり戦争を放棄するとある。 だから東京を攻撃しない!」


とこうなるはずです。
いや、そうなるに決まっている。
いや、そうに違いない!


又、その数日後、中国軍が尖閣諸島を占領し、その足で沖縄占領に向かいます。
ところが、沖縄に向かう途中で、共産党人民解放軍総司令官は、こう言います。

「ちょっと待て! 今、日本国憲法を読む。」
それから、30分後、共産党人民解放軍総司令官は、こう言います。
「沖縄攻撃は中止する! 何故なら、日本には憲法第九条があり戦争を放棄するとある。 だから沖縄を攻撃しない!」


とこうなるはずです。
いや、そうなるに決まっている。
いや、そうに違いない!


この様に、我が国の平和憲法は、決定的な威力を発揮して、日本国民と日本国土を守ってくれています。
それは、日本国民が世界と日本の平和を心から願った賜物であります。


然し乍、日本以外の国でこの様な平和憲法を持った国はありません。
それ故に、この惑星の戦争は絶えません。
他の国々も日本と同じように平和主義を憲法に謳えば、必ず世界は平和になるはずです。


とこうなるはずです。
いや、そうなるに決まっている。
いや、そうに違いない!


いや、そうなってくれないと困る!
--------------------------------------------



とこの惑星の平和と秩序は、根拠の無い願望と善意によって成されている。
[PR]