(昨日の続きです)


どの民族も自然崇拝(畏敬)に起因する原始宗教を信奉していたが、
ユダヤ教や仏教やキリスト教やイスラム教が (どれが一番古いか調べていない) 形成されてきた。
これらの宗教はどれもが人類の知恵の結集だ (好き嫌い、良し悪し、正しい間違い等は抜きにして)。

原始宗教を信じていた民族も新しい宗教を取り入れ、原始宗教を捨てた。
日本でも6世紀に仏教が伝来して、蘇我氏 vs 物部氏 で宗教戦争があり、
一応仏教側の蘇我氏 (聖徳太子側) が勝利したが、何故か神道は滅びなかった。
これが不思議だが、その答えは天皇の存在だ!

天皇は神道の最高位の神官であり、五穀豊穣をお祈りする。
新嘗祭 (にいなめさい = 新米の収穫に感謝する祭り) などの儀式を行うのは天皇だ。
天皇家は、稲作と密接に関係している。

天皇家がありながらそもそも仏教を輸入すること自体が無理だったが、
当時大きな勢力と影響力を持っていた、蘇我氏が仏教輸入に熱心だった故の帰結だ。
645年に中大兄皇子 (後の天智天皇) と中臣鎌足によって蘇我入鹿が宮中で成敗されるが・・
(蘇我氏の力が余りにも巨大に成り過ぎた為)

天皇家の存在があり、神道を21世紀の現在まで活き活きと続いて来た。
仏教もそれなりに栄えた。



それでは、神道とは何か・・?
これが又、謎だ。
自然崇拝でひたすら自然の神々にお祈りするのが神道だから戒律や教義等は無いだろう。
(と思うが、詳しく調べていないので100%の保証は出来ない)

私の現在知りえた知識で言えば、神道と深く係わりのある習慣は;
1. 穢れ (けがれ = 死に対するけがれ)
2. 言霊 (ことだま = 呪いを怖れる - 何か不吉な事を言うとそれが現実化する)



続く
[PR]