■ コロンブスアカデミー日本人殺人事件裁判 ■

平成16年12月11日(土) 10:22pm (NZ time)

おばんです、みなさん。
今日のオークランドは、相変わらずの嵐が丘でした。
ニュージーランドは、永遠に嵐が丘と雨なのかも知れません。

昨年の2003年2月26日、コロンブスアカデミー(Columbus Academy)と言う私立の非公認校で日本人学生が殺されました。
オークランドに有った学校ですが今は、閉鎖してありません。
又、CityのVictoria Streetと言う場所にお好み焼きやもやっていましたが、今は龍馬と言う店に代わっています。
その殺人事件で殺されたのは、Nozomu Shinozakiさん当時22歳です。
一般的には、日本人が経営している学校と思われていましたが、経営者は、在日韓国人でした。
日本名Kutsuo Kanamoriさん当時49歳、別名Soon Keuk KimとNZ Heraldには書かれています。 「School director charged in relation to student's death」

Nozomu Shinozakiさんは、自閉症で日本の社会に馴染めずNZに居たと言う事です。
Columbus Academyは、日本人の問題児ばかりを預かっていた学校でした。
Nozomu Shinozakiさんは、寮で放火や盗みをして他の生徒に見つかり集団暴行を受け死にました。
2004年12月3日Ryu Fukushimaさん(24歳),
Ryuji Hirakiさん(28歳),
Nobu Oshimaさん(20歳),
Masato Fujitaさん(21歳)の4人が3年半の実刑判決を受けました。
「Four jailed over fatal beating」
当初、9人が告訴されましたが、重要な証人が日本へ帰り戻ってくる事を拒否した為、5人は不起訴になったと言う事です。

Columbus Academyと言う学校は日本に本部があり、NZの他にも施設を持っているようです。
学校と言うよりは、施設と言った方がより適切です。
日本社会に溶け込めない問題児を預かり海外の施設に送って居たようです。
それらの実態もここに書かれています → 「Lost souls of Japan」
日本において置くと何かと問題が有るので海外へ葬り去ろうとしているような印象を受けます。
何とも居たたまれない事件でした。
[PR]