■ 中国人 ■

平成17年04月12日(火) 11:59pm (NZ time)

おばんです、みなさん。
今日のオークランドは、とても良い天気でした。
今日は、記事の更新が余りにも遅れて済みませんでした。
夜自炊してソファで横になったらそのまま寝てしまいました。
3時間くらい寝たと思います。

どうも最近中国が物騒ですね。
本当に嫌な国です。
ニュージーランドでも中国人は、非常に評判が悪く嫌われています。
私の大家さんも中国人の事をぼろ糞に言います。
礼儀作法がゼロか或いはマイナスの人間ばかりです。
我々も見かけが似ていますので十派一からげにされ迷惑を被っています。
中国の最近の反日デモの記事を読むと気が滅入ってきます。
あの国の公式な声明は、まずそのまま受け取ったらいけません。
日本政府が良くないが日本国民は良いと言うようなことを言って、反中感情が激昂する事をけん制しています。
あんな声明に騙されてはいけません。

人の国の事を批判する前にチベットの占領を止めるべきだ。
1945年にソ連軍と一緒になって朝鮮半島に侵略して北半分を略奪した事を何と思っているのでしょう。
まず、チベットと北朝鮮を返しそれから何か発言すべきです。
例のデモもまず間違いなく中国政府が陰でオルグしていると思います。
日本が国連常任理事国になるのを阻止する為に色んな陽動作戦を実行中なのでしょう。

日本が国連の常任理事国に入りたいと言うのも奇妙奇天烈大百科以外の何物でもない。
軍隊を持たない国が国連の常任理事国としてその義務を果たせる訳が無い。
と言いつつ、軍隊はある。
軍隊とは認められない軍隊がある。
あれは、明らかに憲法違反。
議論の余地が無いほど明白な憲法違反。
若し、訳の分からない解釈をすれば憲法違反で無いと言うとすれば、そんな特殊な理屈をする意味不明な憲法はいずれにせよ変えなければいけない。
あぁだこうだと屁理屈をこねないと辻褄が合わない憲法は、そもそも失格。
軍隊が必要なら日本国は、軍隊を持つと書かねばいけない。
さもなければ、自衛隊を廃止しなければいけない。
国家が憲法違反をするなら、国民は遵法義務も無くなる。
今の憲法がある限り常に矛盾とまやかしになる。
私が言っているのは、憲法第九条の事です。
[PR]
by kiwidream1997 | 2005-04-13 17:59 | 歴史