■ 日本人男性の夜の一人歩き ■

平成17年05月29日(日) 03:35pm(NZ time)

こんにちは、みなさん。
今日の空模様も冴えません。
雲を基調として時々、晴れ間が顔を出す程度です。
雨は、当然降ると思われます。

オークランドのCity(シチー = シィティー = 街の中心地)にK Roadと言う通りがあります。
Queen Streetの坂の上りきった交差点と直角に交差している道がそれです。
正式には、Karangahape Roadと言いますが長ったらしいので一般的には、K Roadと呼ばれています。
私は、ゲイロードと呼んでいます。
ゲイ = Gay = お釜が多い通りです。
夜になると怪しげな店が怪しげな電気を点けて店に人を呼ぼうとしています。
しかし、普通の人間は、入ることの出来ない事が多いです。
店の入り口には、怖~い おにいさんが居る事も有ります。
そして普通の人間が入ろうとすると、ここは、ゲイバーだと言います。
守衛(ハイカラな言葉で言うとボデーガード = ボディーガード)が居ない店もあります。
彼らは、人を見てお釜かどうか見分けがつくようです。
私は、かなり以前、5~6年前だと思いますが、ゲイロードの飲み屋に一人で入ったことがあります。
Jim Beamのロックを注文したら返事もしてくれませんでした。
それで直ぐ諦めて退散した事があります。

ゲイロードでは、日本人の男の子が強姦される事があるらしいです。
勿論、男にやられるのです。
男が男にやられるのです。
日本人の男は、白人やマオリに比べると中性的或いは女性的です。
西洋人の男は、ゴリラのようです。
原始的な男らしさを体現しています。
身体は、でかく逞しく勿論でか~い一物を持っています。
彼らに比べると日本人の男の子は、まるで子供で女子高生のようです。
ですから彼等は、そそられるのだと思います。

日本人の肌は、滑らかです。
それは、女性も男性も同じです。
西洋人のそれは、がさがさです。
のみもしらみも西洋人のがさがさの肌を刺しません。
日本人ばかり狙うようです。
日本には、余り居ない蚤(のみ)や虱(しらみ)もニュージーランドでは、元気に生活しています。
滑らかな肌を持ち、(彼らから見たら)女性的な日本人の若い男の子は、恰好の餌食です。

私の日本人の知り合いに聞いた話ですが、日本人の若い男の子がKiwiの男に強姦(ハイカラな言葉で言うとレイプ)されてすっかり男の味を覚え、女なんか目じゃないと言うまでに成ったそうです。
それからは、自ら男を求めて色々な手を駆使して狩(ハイカラな言葉で言うとハント)をしたそうです。
そして、完全にゲイになり日本に帰ったそうです。
元々その気(け)が無い正常な男でも強姦されて目覚めてしまうのです。
まぁ、気持ち悪いというか、おぞましいというか、気色悪いと言うか、しかし現実です。

ですから、日本人の男の夜の一人歩きは、危険です。
必ず友達と一緒に行動しましょう。
出来るだけ夜は、出歩かないようにした方が良いです。
特にゲイロードは、大変危険です。
言うまでも無い事ですが、日本人の女の子は、男の子よりも何十倍も危険です。
日本人の男の子が狙われると言う事は、女の子は、言うまでも無く最高です。
日本人の女の子は、恐らく一番人気だと思います。
容姿や体形(ハイカラな言葉で言うとスタイル)などは、殆ど関係なく日本人の女の子は、もてもてです。
金と身体を奪われて捨てられる子が後を絶ちません。


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]