■ 一人当たりGDP - 日本の沈没/中国の躍進 ■

平成16年09月24日(金) 08:50am (NZ time)

おはようございます、皆さん。
今日もオークランドは、雨です。 小雨です。
10月3日の日曜日の深夜2時(02:00am)よりニュージーランドでは、夏時間(Daylight saving)が、始まります。
皆さん良く憶えておいて下さいね?
今、日本とNZの時差は、3時間です。 つまり、NZの朝9時は、日本の朝6時です。
それが、10月3日から時差4時間になります。
つまり、NZの朝10時が、日本の朝6時になります。

9月12日付けの「尖閣諸島問題」と昨日、9月23日の「中国へのODA」の2つの記事を合せて、
中国へのODAをやめるべきと言うつもりでした。
しかし、ついでに慣れないInternet検索で調べてしまいました。
それで、1日延長する事にしました。
中国へのODAは、直ちにやめるべきだと言う事が、政治的のみならず、経済的にも止めるべきだと強く確信してしまいました。
私は、NZへ来てからつまり会社勤めを辞めてから、最新の情報からずっと遠ざかっていました。
それで、私の頭は、幕末で止まったままでした。
今回私の苦手なHPで調べて最新の情報に触れ、衝撃を受けました。
10年くらい前、日本の一人当たりGDPは、約US$38,000で世界一でした。
それがはるか彼方に沈没していました。 今は、US$28,000で世界で18位です。
中国は、逆に大躍進しています。
10年くらい前の中国の一人当たりGDPは、約US$600で世界の順位で言うと、番外でした。
それが、2003年で、なんと~!! US$5,000に躍進していました。
約10倍になっています。
以下、データです。
資料は、全てCIAさん(Central Intelligence Agency = 米中央情報局)よりお借りしました。
「Intelligence = 情報」は、事実をある程度、加工した情報です。
つまり人の考えが加わっている情報が、「Intelligence」です。
「Information = 情報」は、客観的な事実のみの情報です。
ここでお借りしたデータは、CIAさんも加工していないはずです。
こんな基礎データを加工したら事実が見えなくなります。
それにしてもCIAさんのHPは、見やすく分かりやすくなっています。
さすが情報のプロ中のプロの面目躍如と言ったところでしょう。

その前に基礎をきちんと押さえておきましょう。
(1)GDP = Gross Domestic Producst = 国内総生産
ある国で1年間に生産(サービスも含めて)した総額です。
(2)一人当たりGDP = GDP per capita
(1)を人口で割った数字が(2)です。
つまり、一人当たりGDPとは、或る国で1年間で生産した総額を赤ん坊から老人まで一人ずつ全員に公平に分けた金額です。
米ドル = US$で表示します。 換算率 US$1 = \110。

人口
1位 中国 : 約13億人
3位 米国 : 約3億人
10位 日本 : 約1.3億人
121位 ニュージーランド : 約400万人
参考URL :
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/rankorder/2119rank.html

GDP
1位 米国 : 約11兆米ドル(約1,120兆円)
2位 中国 : 約6.5兆米ドル(約715兆円)
3位 日本 : 約3.6兆米ドル(約396兆円)
58位 ニュージーランド : 約850億米ドル(約9億3千5百万円)
参考URL :
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/rankorder/2001rank.html

一人当たりGDP
2位 米国 : 37,800米ドル(約4,158,000円)
18位 日本 : 28,000米ドル(約3,080,000円)
34位 ニュージーランド : 21,600米ドル(約2,376,000円)
122位 中国 : 5,000米ドル(約550,000円)
参考URL :
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/rankorder/2004rank.html

一人当たりGDPの金額がその国民の裕福度を示します。
日本の凋落振りが激しいです。
GDPもいつの間にか、中国に追い越されていました。
中国の人口がたとえ、13億あっても、日本は、ずっと2位でした。
それがいつの間にか、3位です。
皆さん知っていましたか?
一人当たりGDPの順位には、昔見なかった怪しげな国がちらほら見えます。
4位、5位は、カリブ海の島国です。
所謂、タックスヘイヴン(Tax Haven Countries)と呼ばれている税金の掛からない国で、世界中の金が集まっているはずです。
参考までにHaven は、天国のHeavenとは、違います。
Havenは、避難所と言う意味ですから、つまり逃げ場と言う意味です。
香港は、15位になって、日本を追い越しています。
私の幕末の記憶データでは、日本のGDPは、約700兆円でしたが、それが今や約400兆円です。
恐ろしいばかりの凋落振りです。
これじゃ、殺人事件も起こるし、世の中は荒れるはずだ。
今回このデータを調べたのは、思った以上の意味がありました。
中国よりも日本の方に関心が移りました。

と言っても、もう中国にお金を貢いでいる場合じゃないのは、言うに及ばず、アメリカと一緒になって日本は、
国連や他の国に貢いでいる場合じゃない。
アメリカは、国連でもどこでも元を取ってるが、日本は、貢ぎっぱなしと言うような感じです。
いや~ びっくりしたべさ~!!
[PR]
by kiwidream1997 | 2004-09-24 07:29 | 社会問題