■ 鯨と伊勢海老の町 Kaikoura(カイコーラ) ■

おばんですみなさん。
今日は、日中雨が降っていませんでした。
でも深夜になって降り出しました。

ニュージーランドの自然保存大臣が在NZ日本大使を今週 Kaikoura へ連れて行くそうです。
何の為かと言うと、鯨観賞旅行(ハイカラな言葉で言うとホエールウォッチングツアー)です。
Kaikouraは、南島にあります。
Kaikouraはクライストチャーチとピクトン(南島の最北の町)の間くらいに位置する村です。
鯨観賞で有名な町です。
伊勢海老も良く捕れます。

ニュージーランドは商業捕鯨に反対している国です。
ですから日本大使に鯨を見せて嫌味でも言うのではないかと思いますが、そんなつもりは無いそうです。
日本は、NZにとって大変大切な国です。
私も一度だけKaikouraを通った事があります。
かなり昔の話ですが、1998年の11月か12月だったと思います。
オークランドから車でクライストチャーチへ行く途中でKaikouraを通りました。
伊勢海老(Cray Fish)と鯨の看板が有った様な気がしますが、明確な映像として私の心に保存されていません。
私は、伊勢海老を半分食べたように思います。
ニュージーランド人の伊勢海老は、日本人の伊勢海老と似ていて鋏(はさみ)が有りません。
アメリカ人の伊勢海老(とは普通呼ばないが)は、でっかい鋏があります。

アメリカ人の伊勢海老は、Lobsterと言いますが、ニュージーランド人の伊勢海老は、Cray Fishと言います。
アメリカでCray Fishと言えばザリガニのことです。
それでは日本の伊勢海老を英語では何と言うべきでせうか?
私は、ニュージーランドを見習いCray Fishと呼ぶべきだと思います。
日本人の伊勢海老とニュージーランド人のそれは、何と言っても鋏無しで姿形が良く似ていますからね。
と私が言っても世間では、Lobsterと言うんだな、これが。
日本人は、全員アメリカ語を真似ますから、まぁ仕方ないな。
まっいいかっ。
おやすみなさい。



ここ → 本日の気まぐれ をクリックすると中身がほぼ毎日(89%の確率で)更新されています。
一見すると更新されていないようですが実は、中身は更新されていますので、「本日の気まぐれ」と言う文字をクリックして中身をご覧下さい。

過去の記事は、こちらでご覧下さい → 「気まぐれ草紙古文書館」


「blog ranking」

blog rankingです。
クリックお願いね。

[PR]