2004年 10月 22日 ( 1 )

平成16年10月22日(金) 11:43pm (NZ time)

おばんです、皆さん。
オークランドは、今日、晴れて風邪も無く暖かかったです。
日本は、如何でしたでしょうか?
台風は、無事過ぎ去った事を願っています。
本当に今年の日本は、台風にとことん泣かされた年でしたね。
自然災害は、如何ともしがたい。

皆さん、私は数日前お遊びで
「ニュージーランドのゴッゴル人形」と言うページを作りました。
しかし、これは、NZと一切関係ないページで書いてある内容は、完璧な嘘です。
ですから読まないで下さい。
読んでも一銭も損は、しませんが時間の無駄です。
どう言うお遊びかと言うと「ゴッゴル」と言うキーワードでGoogleの検索順位を争うのです。
Su-Jineさんと言うHPのプロの方の提案で始まったSEOのお遊びです。
SEOなどは皆さんにとって全く感心も無い事でしょう。
参考までに簡単に説明しますと、SEO = Search Engine Optimisation(Optimizationは、米語) = 検索エンジン最適化。
と言う事らしいです。
つまり、検索エンジンで或るキーワードで検索した場合、出来るだけ上位に表示されるように、HPを構築する訳です。
例えば、Google Japanで「ニュージーランド」で検索すると約56万ページが抽出されます(ウェブ全体から検索)。
このHPは、何番目か知っていますか?
最近は、7位~8位辺りをうろちょろしています。

ここにいらっしゃる皆さんは、何かの検索エンジンから来た人が多いと思います。
多くの人を自分のサイト(Site、WebsiteつまりHPの事)に来てもらうように、サイト運営者は、しのぎを削っています。
特にHPで何かを販売したり、クリックしてもらうことに寄って収入につながる場合は、必死です。
それで、SEO対策に頭をひねっていると言うわけです。
このHPも、有料サービスを提供しています。
ご存知でしたか?
約1年前私は、HPに関して全くのド素人状態からこのHPを立ち上げて、検索でかなりの上位に来るようになりました。
それで、私も結構遊びとして興味を持ち、SEOレースに参加したわけです。

今日の午後、私の携帯に電話がありました。
私が電話に出ると、挨拶も無くいきなり「あなたは、○●か?」と来ました。
わたしは、「あ~た誰?」って、聞いたら、漸く説明がありました。
こちらの人は、自分の身分を名乗らないで、いきなり「誰々は居るか?」と来る人が多いです。
ちょっとまてぇ~な人なら、おばんですとか、こんにちは、と挨拶をする人も居ます。
それでも自分の名前を名乗らない人が、9割以上です。
「まてぇ~」って、どう言う意味か分かりますか?
話しが又、あらぬ方向へ行きそうです。
電話してきた相手の素性は、かろうじて聞き取れたのですが、英語の訛りが余りにも激しく、
何を言っているのか分かりませんでした。

明らかにIndianの訛りです。
Indianと言うのは、インド人の事です。
アメリカインディアンではありません。
アメリカインディアンは、元々インディアンじゃないのです。 彼らは、オリジナルのアメリカ人です。
アメリゴ・ベスプッチかコロンブスかどちらか忘れましたが(恐らくアメリゴ・ベスプッチ)、
アメリカ大陸をインドだと思い込んで、インディアンと呼んだだけです。
何故かアメリカの下に西インド諸島があるのは、その為です。
私は、Indianとは、嫌と言うほど接してきました。
シンガポールにも、沢山居ました。
それで彼らの激しい英語の訛りに結構慣れています。

しかし、そう言う私でも訳が分からないほど、そのIndianの訛りは、強烈でした。
そして、何度も聞き返して、漸く飲み込めました。
North Shore(オークランドには、4つの市があります)で主催しているコンピュータコースに申し込んで居たので、その案内でした。
11月1日から、コースが始まるので、来てくださいと言う事です。
何と36週間です。 9ヶ月間近くです。
それが全て無料です。
North Shoreの会社の人間の技能向上の為に設けられた講座のようです。
さてここで問題です。
オークランドの中にある4つの市を全て挙げてください。
正解者の方には、豪華賞品を用意しています。

このコースを終了すると、国家資格を得られます。
どんな資格か知りませんが、資格と呼べるものは殆ど持っていない私ですので、何かの足しになるかも知れません。
NZ国内では、間違いなく有効な資格です。
恐らく日本では、通用しないでしょう。
コンピュータと言ってもかなり分野は、細分化されていますが、私は、自分でどんなコースを選んで申し込んだのか忘れています。
ワードとかエクセルのような事務関係のソフトなら詰まらないですが、やってみたら分かるはずです。
[PR]