2005年 02月 21日 ( 1 )

平成17年02月21日(月) 11:59pm (NZ time)

おばんです、みなさん。
今日もオークランドは、良い天気でした。
暑かったです。
家の中に居ると涼しくて、外の暑さは、余り感じません。
しかし、太陽の下に居ると、凄く暑いです。
紫外線の強さがもろに感じられます。
最近は、8時半になるともう日の残りはわずかです。
3月20日(3月の第3日曜日)から冬時間(標準時間)に戻ります。

本日、日本円が遂に80円台(現金買いレート = Note Buy = Cash Buy)
に突入しました。
円安です!
先週の末は、未だ79円台でした。
ところが今日は、NZ$1 = ¥80.5981です!
一体この円安(ニュージーランドドル高)は、どこまで進むのでしょう?

日本に居る方は、ひょっとしたら円高と思っているかも知れません。
US$1 = ¥105.50と言う米ドルと日本円の交換率(為替レート)を見ていると、
円高と思っても不思議ではありません。
しかし、ある通貨が高いとか安いと言うのは、他の通貨と比較して言っています。
ですから、日本円をどの通貨と比較するかによって、
日本円が高いか安いかは、違ってきます。
日本円は、ニュージーランドドルに対しては、かなり激しく円安です。
ニュージーランドドルは、現在、米ドルに対しても強い(高い)です。
このニュージーランドドルの強さは、2年以上前から続いています。
そしてその強さは、どんどん強化されています。
この傾向がいつまで続くのか、皆目見当が付きません。

昨年の11月か12月に読んだある記事では、
2005年に入るとニュージーランドドルとニュージーランドの不動産相場は、
下落すると言う予想でした。
その下落は、2005年半ば頃まで続き又、
盛り返すと言う予想でしたが、為替相場に関しては、はずれかも知れません。
不動産相場に関しては、当たっているようです。
不動産相場に関しては、又、別の機会に書きます。
数日後に書きたいと思います。
NZ$が高くニュージーランドの銀行金利が高いとどういう影響があるか・・・?
まず、
● ニュージーランドの輸出が落ち込む
● ニュージーランドの輸入品の価格が下がる(はず)
● 観光客が減る
● ニュージーランドに海外からお金が集まる(主に機関投資家)
● ニュージーランドに住む外国人の生活が厳しくなる(NZで収入を得ている人には、影響ありません)

他にも色んな影響があるはずですが、直ぐ見える部分は、上記のような数点です。
普通の国では、自国の通貨が高くなると喜びます。
それは、その国の経済の好調さを物語っているからです。
しかし、為替相場と言うのは、輸出と輸入と言う点から考えると、
喜ぶ人と泣く人両方居ます。
ですから一概に良い悪いとは言えないです。
ただ、日本は、戦後輸出振興一色でしたから、
輸出業者の声が常に世の中に大きく取り上げられてきました。
それで、円高になると、国民全員が輸出業者の立場に立って、
円高は良くないと思うようになったようです。
しかし、実際は、輸入業者も居ます。
ですから円安が良いとか悪いとか単純に言える事ではありません。
[PR]